合宿免許が安い理由とさらに安くするコツ

できるだけコストを抑えて免許を取りたいと考えているのなら、合宿免許がおすすめです。合宿免許であれば、短期間で効率よく免許を取得するための教習を受けることができます。どれくらい安いのか、宿泊費や食費は含まれているのか、低価格にするコツはあるかなどを知ってから申し込むと、割安な価格で通うことができるでしょう。

どれくらい安いのか

通学プランよりも6万円から10万円ほど割安な金額で免許取得のための教習を学ぶことができるのが、合宿免許のいい所です。なぜここまで安いのか、その理由の一つは短期間で効率よくカリキュラムが組まれているからだといいます。普通免許であれば最短2週間から16日前後で取得できるため、教習所側としては短期間で新しい生徒を迎え入れることが可能です。低額の受講料にしても更に収益を期待できるため、割安な価格となっています。また、教習所が効率よくスケジュールを組むことができるため、キャンセルや時間変更がほとんどなく、教官などの人件費を抑えて教習できるところも安い理由の一つです。なお、合宿免許を実施しているのはほとんどが地方で、設備費用が抑えられている為、低価格で教習を受けられるようにしても収益があるといわれています。

宿泊費や食費、交通費は含まれているか

費用に関しては教習所によって様々な形となっている為、確認してから申し込むことが重要です。教習費用や卒検費用といった、教習所にかかわる一式の費用は含まれています。また、宿舎の宿泊費用もすべて含まれていますが、食費や交通費に関しては教習所の提供するプランによって異なるのが実情です。3食自炊するプランから、昼のみ教習所で提供するプラン、3食付プランなど様々なプランがあり、料金もプランに準じて変わります。そのため、どのプランが利用しやすいのか、事前に確認をしてから申し込んだほうがいいでしょう。交通費が含まれている代わりに割引率が低い所や、交通費が含まれていない代わりに思い切った割引を行っているところなど、多様なプランを提供している為、どのプランが自分の希望する形に合っているか、比較サイトをチェックして申し込んでください。

低価格にするコツはあるか

最も大きなポイントとしては、入校時期を閑散期にすることです。繁忙期といわれる夏季・冬期休暇中、2月から3月は避けたほうがいいでしょう。多くの学生たちが通い、取得のために予約を入れても入らないだけでなく、費用がかさむからです。また、合宿免許を取り扱う教習所を紹介するサイトの中で、様々な割安プランを紹介していることがあります。これらの割安プランやキャンペーンを上手に活用して入稿すると、通常時よりも割安な価格で入校が可能です。普通車ATの食事なし自炊プランで最安値で税込み15万円など、キャンペーンでなければ利用できない料金のところもあります。税込17万円から19万円までが比較的安い価格で通うことができる教習所となっている為、どれくらい割安なキャンペーンをしているか確認して申込みましょう。なお、キャンペーンや割引プランは終了することがある為、見つけたら早目に申し込むことが重要です。

交通費を含めて効率よく通う

費用を抑えて通うためには、自分で料理を作れるかどうかを考えて通うことも必要です。自炊するなら割安な価格の食事なしプランが便利ですが、作らない場合、弁当などを買うと割高になる可能性がある為、食事付きのプランにするなど、自分に合ったプランを選んでください。